相模原コイノニアキリスト教会

私たちの教会

牧師紹介

杉浦友信牧師

杉浦友信牧師

杉浦 友信

東京都出身。高校時代、英会話クラスをきっかけに近所の教会(アッセンブリー)の礼拝に出席。当初、聖書の教えに反発するが教会に通い続けイエスキリストを救い主として受け入れる。その後、アッセンブリーズオブゴッド教団立中央聖書神学校(現在中央聖書神学校)へ入学、卒業。以後、沖縄県にて16年間、神奈川県において現在に至るまで牧師の働きを行う。2008年に、Washington college and International Seminary で牧会学を学び学位取得。不器用ではあるが、実直な性格。

 

 杉浦晴美 (牧師夫人)

東京都出身。クリスチャン2代目。幼稚園教諭、保育士の資格を持つ。アッセンブリーズオブゴッド教団立中央聖書学校入学。卒業後、保育・教育分野を通し伝道・牧会を行う。2人の娘の母。信仰の人。教会の良きお母さん役。

 

歴史

相模原コイノニアキリスト教会は、1991年に、牧師夫婦の伝道のヴィジョンによって開始されました。最初はソロバン塾の教室を賃借し、かろうじて礼拝を捧げるのが精いっぱいでした。そのような中で、「神を礼拝するために、教会を建てよう!」というヴィジョンと祈りが沸き起こり、小さな教会の群れが信仰をもって歩み出しました。翌年、神様の奇跡的な業によって、現在地を取得し、教会が完成しました。その間教会に多くの方々が導かれ、信仰を持ち、幸せな歩みを体験していきました。2005年に会堂が増築され、2013年に屋根の十字架が明るく照り輝く十字架になりました。今、この地域を照らす「世の光」として主の栄光を表す教会として活動をしています。

 

 

所属・信仰

 

 

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.